DSCF0110 (2)第14回働く者のセミナー開催(首都圏)
同一労働同一賃金や4時間労働制など

 3月5日(日)、東京北とぴあで第14回働く者のセミナ(首都圏)が開催されました。

 チューターの林さんの報告の後、積極的な議論が交わされましたが、なかでも同一労働同一賃金をどう評価するかを中心とした議論、同志会が国政に再挑戦するというとき、かつての闘い(4時間労働制など)をどう総括するかなど重要な議論がなされました。

 そこで、首都圏セミナーを報告と討論部分に分け、議事録風に整理して公表することにします。現在録音起こしなどの作業を進めていますが、あと数日で、同志会のHPにアップします。ご期待ください。
      (大会準備などで遅れています。HPへのアップされ次第、党ブログでも紹介します)。