労働の解放をめざす労働者党ブログ

2017年4月結成された『労働の解放をめざす労働者党』のブログです。

労働者党建設

労働者党の原発に対する綱領的立場

 党HPで、小泉純一郎ら「原自連」(「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟)の「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」骨子案発表について、その策動を批判する「代表委員会メッセージ」が出ています。労働者党綱領で、原発について明解に立場を述べていますので、紹介します。


労働の解放をめざす労働者党綱領

七、社会主義の勝利と共に、あるいは社会主義をめざす闘いの過程で勝ち取るべき、労働の解放をめざす労働者党の具体的な要求

14、慢心と責任観念の欠如により、さらには利潤最優先によって重大な事故を引き起こし、またコスト的にも引き合わなくなった日本の原発事業の即時廃絶。原発事故に直接の責任を負う東電の経営者、及び原発事故に直接、間接に重い責任のある政官財学等の「原発村」関係者の告発と刑事罰の適用。」


 綱領は2017年4月の結党大会で採択されました。福島第1原発での過酷事故を踏まえ、「日本の原発事業の即時廃絶」を謳っています。そして、事故の責任について、直接的には東電資本にあると指摘し、「直接、間接に重い責任がある」関係者の告発と刑事罰の適用をするべきであることを、闘いの具体的な要求として明確にしています。


 なお、労働者党綱領第七章13項では、「ブルジョア社会の無政府的生産と利潤追求から派生する一切の害悪――この最も顕著な例がいわゆる“公害”である――の完全な除去。加害企業の規制と処罰。」ということも謳っています。原発事故もまさに「無政府的生産と利潤追求」によるものと考えます。


 また、綱領の第一章「資本主義の一般的特徴」四項の指摘も重要な意味があります。

 「一般的競争の強制の下に、各資本は資本の蓄積と技術革新に狂奔し、その中で、他の資本をほろぼして大資本が生れ、成長する。小生産者は没落し、資本の集中・集積は進み、大資本は経済と国家の指導的勢力となる。


 かくして、資本主義は、一方で生産と労働の社会化を急速におし進め、生産力の驚嘆すべき発展をもたらすが、他方ではこの巨大な生産力は一握りの大資本によって所有され、大資本の利益のためにのみ利用せられ、生産の無政府性を激化させ、多かれ少なかれ深刻な恐慌を避けられないものにする。労働者大衆のますます広汎な層の生活の不安定や失業や様々な種類の困窮や災厄は増大し、資本と賃労働のへだたりと対立は一層大きくなる。これらの事実は、資本主義のもとで形成され準備された高度な生産力を、生産者の社会的共有財産に移し、人類全体のために利用する必要性と必然性を決定的に明らかにしている。」


 ここでは原子力エネルギーそのもののことが言われているわけではありませんが、「巨大な生産力」に対する労働者党の立場が示されています。資本主義のもとでは、それが「困窮や災厄」を増大させることを指摘しています。生産者自らが、生産力を人類全体のために利用するためには、生産力を社会的共有財産にしなければならないことを強調しています。

メーデー宣伝のビデオをアップ

TWP01(2017051830P17Mbps)(1)メーデー宣伝のビデオをアップ

 わが労働者党は、今年のメーデーで全国30余の会場で宣伝しました。東京では、連合系、全労連系(いずれも代々木公園)でマイクを利用して訴えましたが、その様子をまとめたビデオがユーチューブにアップされました。

 全体で6分50秒、代表委員の渡辺、田口、林氏がマイクを握って演説している様子が、まとめられています。是非ご覧ください。
     (メーデーから、大分時間が経ちましたので、ユーチューブへのアクセスは終了しました)。
  


メーデービラ配布のご協力を!

メーデービラ配布のご協力を!
「労働の解放をめざす労働者党」として再出発


 労働者の解放をめざす労働者党は、全国のメーデー会場で宣伝、ビラ配布を行います。今年は新党を結成して初めてのメーデーであり、新党の意義や国政選挙への挑戦など、労働者、勤労者の皆さんに是非アピールしたいです。

 ご協力いただける方は、党の支部または、中央事務所にご連絡ください。

 なお、配布する予定のビラは、表面は新党結成の意義とその闘いについて、裏面は安倍の「働き方改革」や“官製春闘”、森友問題(主張蘭)を扱っています。

 ここ()から見ることが出来ます。

労働の解放をめざす労働者党 結成

DCIM0026 (2) 労働の解放をめざす労働者党(略称・労働者党)
結成大会、開かれる

 労働の解放をめざす労働者党(略称・労働者党)の結成大会が、東京で3日間にわたり開かれました。

 最初の2日間で綱領、規約を採択しましたが、メーデーまでにはパンフレットとして発行する予定です。3日目には、これからの方針として国政選挙に挑戦すること、ホップ(衆院選)、ステップ(19年参院選)、ジャンプで、22年の参議院選では国会議員を誕生させるとの方針を決定しました。

 このブログは、本日からタイトルを「マルクス主義同志会のブログ」から「労働の解放をめざす労働者党ブログ」に変更させていただきます。

 今後ともよろしくお願いします。

新たな労働者党に結集し、ともに闘おう!(2)

新たな労働者党に結集し、ともに闘おう!
新綱領案、発表される

 同志会は、4月に労働者党を再建しますが、その綱領・規約(案)が公表されました。同志会では大会に向けて徹底議論し、新しい綱領・規約を採択する予定です。

 現在の政治状況を見ても、民進党や共産党の政治的堕落、退廃は明らかであり、何も期待することはできません。

 民進党は民主党政権の3年間で自民政権と本質的に変わらないブルジョア政党であることが明らかになりました。多くの労働者、勤労者の失望や怒りの中で、反動的的で国家主義・軍国主義的な安倍自公政権の誕生を準備したと言えます。

 また、共産党の日和見主義的退廃も極まっています。つい数年前までは「自共対決」をお叫んでいましたが、最近は「野党共闘」を前面に掲げ、共闘のためには日米安保も自衛隊も天皇制も容認すると言い立てています。ブルジョア第二党の民進党と同じレベルまで転落していって、まともに安倍政権と闘えるわけがありません。
 そして天皇の生前退位問題では、自公の特例法に柔軟姿勢を見せ始めています。これまでは民進党と一緒に皇室典範の改正が「筋」と主張してきたのですが、その立場を投げ捨てて自公に協力し、民進党を困惑、孤立させるのです。その意味するのは共産党の自公への追随、すり寄り、屈服です!

 自民党と闘うべき野党がこうした体たらくでは、労働者、勤労者の闘いは発展しようがありませんし、その労働や生活はいよいよ厳しく困難になるもの不思議ではありません。今こそ新しい労働者、勤労者の政党が必要であり、喫緊の課題になっています。

  職場、地域での闘い、個々の課題に対する闘い、グループやサークルなどいろいろな活動がありえます。しかし、それがバラバラでは大きな力を持つことはできません。階級として一つの党に団結し、闘うことが必要不可欠です。その結集軸になるのが綱領(・規約)です。

 毎日の苦しい労働、厳しい生活に怒りを抱えている皆さん、労働者の闘いの発展、その解放を目指して闘っている皆さん、闘いたいと思っている皆さん、そしてそうしたグループ、団体の皆さんに訴えます。是非この綱領・規約(案)を検討し、ともに闘っていかれるよう呼び掛けます。
  (必要なら、ご連絡ください。説明・議論に伺います)。

  なお綱領・規約(案)はこちらから見ることができます(綱領案・規約案)。A4判でそれぞれ21ページ、3ページです。印刷も可能です。党名は、「労働の解放を目ざす労働者党」(仮)です。

★ 自民党と反動の改憲策動、軍国主義路線を断固粉砕しよう!
★「搾取の廃絶」と「労働の解
  放」の旗を高く掲げよう!
★労働者の闘いを発展させ、
  労働者の代表を国会へ!
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ